2月3日は節分!

昨日(2月3日)は節分ですね。
焼津神社でも神事や豆まきが行われました。
私も行ってきましたよ。
今日は神事についてちょっとためになるお話しです。


まずは「鳴弦(めいげん)の儀」
焼津神社では、昭和43年の節分祭に「鳴弦」を復活し、また翌年からは「蟇目(ひきめ)」を併せ行い、依頼毎年焼津弓道会の皆様に依り奉仕されています。


鳴弦は、矢をつがえず、弓の弦(つる)を鳴らすことにより、その音で妖魔を驚かし退散させるというもので、立春を前に妖魔を払い、災厄を除くために行われます。

「鳴弦の儀」は御殿の中で行われるので、私は見ることができませんでした
御殿の中には年男や福男、福女がいましたよ。




次に「蟇目(ひきめ)」
蟇目とは響き目(ひびきめ)の略で、射たときに高い音を鳴らす穴のあいた鏑のことを言います。また、一説にはその字の如く、穴の形が蟇(ひきがえる)の目に似ているからとも言われます。
犬追物(いぬおうもの)、笠懸(かさかけ)などの武芸に於いて、射た物に傷を付けないため、鏃(やじり)の代わりに矢の先に付けた物ですが、神事に於いては穴から風が入り音を発するため、先に行われた鳴弦同様妖魔を退散させるとされ、春の始まり、つまり1年の始まりである立春を前に、妖魔を払い、災厄を除き、清々しい心で春を迎えるために行われます。
ひきめ





次は「鬼射(おびしゃ)」
病気という鬼をやっつけて元気になる、弱気という鬼をやっつけて自信を持つ、ためいきという鬼をやっつけて前向きになる、そんな思いをこめて弓道会の皆様が矢を放ってくださいました。

鬼の的は市内在住のイラストレーターの方が描いたとのこと。
なかなか迫力があります

おびしゃ




最後は楽しい「豆まき」
みんな両手をかざして豆を取ってました。
豆まき
検索フォーム
プロフィール
焼津市観光協会

焼津市観光協会

Author:焼津市観光協会
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
天気予報