FC2ブログ

焼津神社大祭荒祭②・海上花火

やいづマリンレディの望月です

熱い夏イベント2つが終わり

焼津も心なしか肌寒く感じます秋の訪れも近いのでしょうか。。


さて!以前ご紹介した荒祭と海上花火大会を

実際に私たちマリンレディが体感してきました


IMG_6964.jpg


徴募路

8月12日朝 

焼津四町の青年方が手作りした町幌(ちょうぼろ)を

子供たちと共に、荒祭開催を告げて歩きます

掛け声は「ソラヤレヤレヨ!!」

沢山の子供が頑張って元気よく歩いていました


IMG_6898.jpg

8月12日夜

神様をお迎えし、13日にお仕えする神役(じんやく)が

最後のお清めをするのが御神楽祭です

今年は私の同級生が輿舁(こしかけ)としてご奉仕していました。

この輿舁は道中神輿から離れず神様を誘導する

気力体力の必要な役の為 務め上げたその時、

一人前の男性として認められるのだそうです


獅子

8月13日

国選択・県指定無形民俗文化財 獅子木遣り

荒祭渡御行列の先頭で手古舞衣裳の少女たちが

派手やかに やわらかく木遣りを歌い歩きます


子供行列1

子供行列2

行列子供神役 小さい体でしっかりとご奉仕していました

桜組中老会会長様のお話にもあったように

今年はたくさんの小学生が参加し、盛大な行列でした


IMG_6958.jpg

道中、焼津の方々が差し入れや応援のお声をかけてくれます

アイエットン~!!冷たい水をかけてもらってご奉仕再開です。

焼津の街で神事を終えた神輿は神社に戻り

24時、四町の青年方々によっておさめられます。

今年は豪雨があり奉仕に参加した方々は大変だったと思いますが

また来年元気な姿でお会いしたいですね



花火大会2

8月14日 

そして焼津海上花火大会で癒されましょう

私たちは招待席のもぎりをお手伝いしましたよ!!


IMG_7013.jpg

海のすぐ近くで観覧できるこの花火大会

心地よい潮風が、気分をぐっと盛り上げてくれます

レジャーシートと軽食・飲み物は必須です!!


IMG_6989.jpg

花火が始まりましたーたまや~

想像以上の大迫力!!水面に映る花火にもうっとり

今年はやいちゃんの花火が上がりました!!


IMG_7014.jpg

花火師さん、素敵な花火をありがとうございました




IMG_6644.jpg

今日の協賛品ご紹介はこの2品


IMG_6835.jpg

自然.夢.ふれあい大切にします JAおおいがわ様金芽米

無洗米なので ささっと炊飯できて炊き上がりは艶やか!!

旨味・栄養価が精白米に比べて高いそうです

今回は酢飯にしていただきましたよ

JAおおいがわ様ありがとうございます!!


IMG_6626.jpg

大井川商工会様

大井川の恵うめえぞこれは しょうゆ・つゆセット

早速大好物の茄子の揚げ浸しを作りました!!

大井川水系の伏流水を仕込みで使用した

うめえぞブランドはマイルドな口当たりで

様々なお料理に使えます!私、ファンになりました

大井川商工会様ありがとうございました!!



偉大なる素人であれ!!

皆様にも人生を彩る新しき発見が訪れますように

マリンレディ望月でした(*≧U≦)




第43回焼津海上花火大会が開催されました!

8月14日(火)、「第43回焼津海上花火大会」が焼津港新港にて、華やかに開催されました!!

DSC_1084.jpg

夜空いっぱいに夢のように華麗な花火の数々!

DSC_1021.jpg

焼津港新港の防波堤から打ち上げられる焼津の花火は、海のすぐ上に上がります!

DSC_1046_20180815142700af0.jpg

1時間に約5千発の花火が次々に登場するので凄い迫力!

会場からは歓声が上がっていました。

DSC_1060.jpg

色も形も様々!最新の技術を駆使した花火の数々を楽しめました♪

やいちゃん

そして、何と今年は焼津市公認マスコットキャラクター「やいちゃん」の形の花火も登場!

やいちゃんが横を向いていますね(^^♪

(写真はぶれてしまいました・・・(ノ_<))

DSC_1089 - コピー

花火大会のフィナーレはまさに豪華絢爛!(^^)!

DSC_1097 - コピー

一番最後に上がったのは、焼津名物「20号玉」(2尺玉)。

県下最大級の大きさで、おおお~と皆さんどよめいていました。

今年も素晴らしい焼津海上花火大会となりました。ご協力いただきました皆様、ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

8/11 『山の日は山歩きが一番! 焼津アルプス 満観峰へ!!』

『山の日は山歩きが一番!です 日本百低山の1つ、満観峰へ!!』

一昨日の山の日には山に行ってきました。
その時の様子を紹介します。

山歩きは汗をかいて疲れるし・・・、この暑いのに・・・・と思われる方もあるのではないでしょうか。

焼津アルプスの低山でも樹林帯を歩けば町中ほど暑くはありませんよ。

しかも山の日陰で風があればとても涼しいです。


と言うことで、山の日に満観峰に行ってきました。

満観峰に登るコースは8コースもあるんですよ。
(詳しくは『焼津アルプス登山ガイド』に出ています。HP https://goo.gl/PSzRrk)

今回は国道1号線の道の駅「宇津ノ谷峠」から、「逆川コース」で登り、「宇津ノ谷峠コース」で下りました。
満観峰は花沢の里から以外からも登れます。

逆川集落は古い石垣のある民家が残っていて素敵です。
yama653s-DSC_6983.jpg 

樹林帯やお茶畑の中を進んでいきます。
yama653s-DSC_6996.jpg 


yama653s-DSC_7003.jpg 


1時間半ほどで満観峰に着きます。
yama653s-DSC_7021.jpg 

山頂には神社がありますがそのご神木の下が日陰で涼しいです。
yama653s-DSC_7035.jpg 

帰りは藤枝市と静岡市の境を通って行きます。

つたの細道の宇津ノ谷峠から道の駅に降ります。

yama653s-DSC_7049.jpg 


yama653s-DSC_7055.jpg 

帰りは約2時間です。


皆さんも歩いてみませんか?

行ってみたいけど1人では不安だと言う方は私たちと歩きましょう。

焼津アルプス愛好会では毎月1回、焼津アルプスを歩いています。
次回は9月8日(土)花沢山です。

初心者でも大丈夫です。

「焼津アルプス愛好会blog」
https://goo.gl/QQj15i


(観光ボランティア:塩谷)

7月の焼津イベント!

みなさんこんにちは!
やいづマリンレディの澤野です
毎日暑いですが、みなさん暑さに負けていませんか?

8月も入ってそろそろ中盤に差し掛かるころですが、今回は7月(と8月頭)の焼津であったイベントについていろいろ書こうと思います(^^)

20180712.png 

7月12日に浜当目海岸で海開きがありました!
今回はわたしと木村さんの二人で参加させて頂きました。
ここの海岸は無料の駐車場、更衣室、シャワーがあったりなど、隠れた穴場なんだそうです
ぜひぜひご家族で海水浴しにおいでください(^^)

20180712_2.png 
はしゃぐ木村さん♪(/・ω・)/ ♪


そして15日には踊夏祭が開催されました!
わたしたちマリンレディは表彰式や開会式のお手伝いや、サブステージでの司会をやらせていただきました
20180715.png 

木村さんとツーショット
おそろいで着ている魚河岸シャツは、協賛品でいただいたいづみ屋洋品店さんの魚河岸シャツです。

サブステージの司会をやらせていただいたので、色々なグループの踊りを見ることが出来ました
小さい子からご年配の方まで、老若男女問わず、色々なグループが元気な踊り、カッコいい踊りなどを見せてくれました!
終盤はわたしたちも少しだけ踊ったり(笑)

天気もお祭り日和のいい天気で、とっても楽しかったです!
ありがとうございました


ここからはマリンレディとしての活動ではなく、わたし個人のことになるのですが、少しだけ紹介させてください^^

朗読会チラシ 
7月22日に、焼津小泉八雲記念館さんで八雲作品の朗読会を開演させていただきました。
小泉八雲といえば怪談が有名かもしれませんが、今回は「夏」をテーマに、焼津での経験を描いた随筆や夏の日の思い出を語ったものなど、
ひと味ちがった八雲の作品を箏の演奏や描いたイラストを交えて朗読してきました
新聞静岡新聞さんに掲載していただけました!ありがとうございました。

そして、8月3日~5日にかけて開催されていた夏のあかり展でも、少しだけ参加させていただきました。
あかり展チラシ 
 

あかり展 
20180804.png 

手作りの行燈もとっても綺麗でした!

マリンレディとして以外でなく、こういう形でも焼津のまちおこしに貢献することができてとても嬉しいです
またこういう機会があればお知らせさせていただきます!
ありがとうございました。


そして最後に、いただいた協賛品の紹介をさせていただきます^^

お花 
少しさかのぼりますが、マリンレディお披露目の日に頂いたお花になります!
(有)フローリスト シブヤ様からでした。
素敵なお花をありがとうございました

かつおせんべい 

そしてこちらは㈱新丸正さんの「焼津かつおせんべい」になります。
このおせんべいはマリンレディ3人で声をそろえて「美味しかったよね!」とはしゃいでおりました(笑)
かつおの香りとピリッとした辛さがやみつきになって、ついつい手がのびてしまうおせんべいです^^
と~~ってもおいしかったので、みなさんもぜひ食べてみてください!

松風閣 
そしてこちらはホテルアンビア松風閣さんでいただいたランチになります。
おいしい中華料理をいただいてきました
(そして売店で先ほどの「焼津かつおせんべい」をまた買ってしまいました(笑))
温泉もとても広くてゆったりと浸かることができ、休日体を癒すのにぴったりでした^^
ホテルアンビア松風閣さん、ありがとうございました!

食べ物ばかりの紹介になってしまってごめんなさい(笑)
次は焼津の海上花火大会に参加させて頂く予定です。

それでは、みなさん、また14日にお会いしましょう!
マリンレディの澤野でした。

焼津神社大祭 荒祭①

やいづマリンレディの望月咲江です


炎暑が続きますが、水分補給・食事・睡眠を大切に

この夏も元気に乗り切りましょうね


さて、焼津市内は来る8月12・13日の焼津神社大祭荒祭を目前に

着々と準備が進んでおります

私の兄が祭典(運営)委員を務めており、

焼津神社鈴木宮司様、さくら組中老会会長大石弘道様へ取材してきました!

1600年以上前から続く歴史ある荒祭の貴重なお話を、

何回かに分けて皆様にお伝えしたいと思います


初回は荒祭の意味・見どころ・白装束についてです


望月:荒祭はどのような意味のお祭りですか?

宮司:焼津は奈良時代から漁業・農業が盛んで、

   夏は様々な流行病が住民の生活を脅かしていたそうです

   力強さで疫病を退散させる、そんな疫病鎮護の意味が根源です。

 IMG_6779.jpg

=8月13日道中 猿田彦 道の邪気払い・神の先導役=



望月:荒祭の『荒』は力強さの表しですか?

宮司:いいえ、『荒』には素朴・純粋の意味があります

   神様の持つ特別な力が発揮される状態の魂を荒魂(あらみたま)といい

   その特別な力を発揮していただけるよう願いを込め『荒祭』となりました

   力の限り神輿を煽るのは、人間の生命力と感謝を体で示しているのです。

発輿

=約50年前 8月13日午前中 発輿=


望月:神輿渡御になったのは何故ですか?

宮司:普段神社でお祀りしている神様を自分たちの街にお招きし

   街の安全・繁栄を祈願する神事を行う為です

   神役(じんやく)が道中、神様が通る道を清め誘導します

   神輿は四方がすべて正面です

   神輿が通る際は、きちんとした服装で元気な姿を見て頂き

   感謝の意をお伝えする 焼津人の礼儀が今も残っています。

IMG_2428.jpg

=8月13日道中  御笛  道の清め・神の先導役=


望月:荒祭りへの想いをお聞かせください

宮司:運営委員、保存会、一般参加者が

   力を合わせて伝統を守っていることに感謝しています

   強く思うのは、我々は荒祭を

   先人から受け継ぐと同時に未来の人から預かっています

   良い形で次世代へ引き継ぐ責任を念頭に置きながら、

   毎年の祭りを楽しく過ごしたいですね。

                                          

   さらに荒祭は、随所に子供を大切にする神事が組み込まれています

   道中、子供が屈んで獅子頭が頭上を通る御神楽奉納

   子供たちに災いが降りかからず無事成長できますように

   という地域全体で子供の成長を願い見守る

   焼津っ子の優しさが溢れていますね。

IMG_4442.jpg

=8月12日午前中 神ころがし=


望月:見どころはどこですか?

会長:子供行列が注目の1つです

   今年は焼津市内の小学校へ重点的に募集をかけました

   穢れのない純粋さは神様の通る道の清めとなり、

   子供神役が盛大であれば焼津が繁栄している何よりの証になります

   

   初めて荒祭をご覧になる方は、

   神社境内13日朝の発輿をおすすめします!

   2基の神輿が境内を縦横無尽に煽られる姿は

   鳥肌が立つほど感動します!


   少し違う角度のお祀りをご覧になりたい方は

   道中で神事の為、神輿を下げる場面があります

   神様の乗った神輿を地面にはつけられないので、約300キロの神輿を

   白装束をまとった担ぎ手があぐらをかいて、その上に神輿を降ろします!

神輿

=現在 8月13日午前中  発輿=


   荒祭に参加するにあたり、白装束を着用します

   心身ともに清らかであことを示すので、派手な装いは慎みます

   さくら組青年 稲川さんに白装束の着姿を撮影させて頂きました!!

   激しい動きをしても着崩れしないよう、さらしで固定してますね!

   白装束を着て神輿を担ぐ焼津の男性陣は、5割増しのかっこよさです

白装束

 

   本日ご紹介したのは荒祭りのほんの一部。

   まだまだ楽しみ方がたくさんありますので、

   是非、荒祭を体感し地元の方と言葉を交わしてみはいかがでしょうか


   荒祭のタイムスケジュールや順路は 

         焼津神社公式HP よりご確認ください


   取材にご協力くださいました

   焼津神社 鈴木宮司様

   さくら組中老会会長 大石弘道様

   さくら組青年 稲川様

   平成26年猿田彦を務めた 高山様  ありがとうございました


        次回は実際の荒祭風景・焼津海上花火大会の様子をお伝えします


伝統守る静岡・焼津 手火山造りの鰹節 工場見学を体験!(ヤマ十増田商店)

おいしいお魚の町、静岡県焼津市の観光情報はお任せ!

子供たちの夏休みの自由研究などにもおススメな、カツオ節製造の様子を見学出来る場所が、焼津市内にあります♪

8月7日、見学会が行われるということで、参加してきました(*^_^*)

DSC_0960mini.jpg

焼津市は鰹の水揚げ日本一の町で、鰹節の製造を行う老舗メーカーも数多くあります。

DSC_0936.jpg

見学会を開催してくださったのは、その中の1つ。焼津市小川新町にある「ヤマ十増田商店」さん。

軒先にある鯉のぼりならぬ、〝カツオのぼり”が粋ですね♪

DSC_0938.jpg

創業明治20年!昔ながらの鰹節の製法「手火山造り」を続ける、日本でも数少ない工房です。

DSC_0945.jpg

午前10時。小学生のお子さんを連れたご家族などが集まり、見学会スタート!

まずは焼津港で仕入れた冷凍の鰹を解凍する冷蔵庫の中へ。

DSC_0946_201808080007363f6.jpg

中はどうなってるの!?みんな興味津々!!

DSC_0947.jpg

冷蔵庫の中には、水槽のようなものがあり、この中で冷凍された鰹をゆっくりと解凍するそうです。

DSC_0949.jpg

どーん!!見事な鰹ですね~。この縞模様は生きている時は無いそうですが、縞がはっきりしている方が鮮度が良いそうです。

DSC_0953.jpg

続いて工場の中へ。工場の中は鰹節のいい匂いで充満しています(^^♪

この機械はヘッドカッターと呼ばれ、これで鰹の頭と身を分けるそうです。

ヤマ十さんでは、この作業のみ機械を使い、それ以外はすべて手作業なんですって。

DSC_0955_20180808000742d1c.jpg

さばくときに使う包丁は3種類!奥から頭はがし、おろし包丁、あいだち包丁。

DSC_0956.jpg

「三枚おろしにするときはこの包丁を使ってるよ」

わかりやすく丁寧に説明してくれます♪

DSC_0962.jpg

切った鰹は丁寧にかごに並べて、煮た後、「水骨」といって骨を1本1本、骨抜きで抜きます。

手間のかかる作業ですよね!でもさすが、とっても素早い手つき!

DSC_0981.jpg

そしていよいよ、「手火山式」で鰹を乾燥させていきます!

下から直火で煙をあてて・・・

DSC_0982.jpg

鰹の入ったせいろを5枚ほど重ねて、鰹を燻し、乾燥させていきます。

DSC_0983.jpg

タイミングよくせいろの上下を入れ替えながら、まんべんなく煙をあてていきます。

手間がかかり、大量生産には向かない製法なので、この製法を守っているのは全国で数軒だそうです!

DSC_0973.jpg

その後、さらに急造庫という蔵のような場所で火を使って燻したり、休ませたりを繰り返し、1か月以上乾燥させていき、「荒節」という鰹節が完成します!

子供たちも、一生懸命メモを取りながら、お話を聞いていました♪

DSC_0985.jpg

工場に併設されている直売店に移動し、鰹節を頂きましたが、香ばしくて味わい深い!!

おかかのお握りをすぐにでも頂きたくなりました(#^^#)

DSC_0991.jpg

子供たちはカンナで鰹節を削り、削りたてを頂く体験もしていました♪

製造の工程を見学した後で、なおさら有難みを感じますね。

DSC_0999.jpg

こだわりの鰹節づくりに地道に取り組んできたヤマ十増田商店さんは、平成28年に農林水産大臣賞を受賞するなど(全国の鰹節の中のトップに!)、数々の栄誉ある表彰をされています。

DSC_0943.jpg

店内では鰹節各種や、鰹関連商品などが購入できます。

DSC_0998.jpg

中にはこんな商品も!


約1時間ほどの工場見学は、大人でも十分に楽しめる内容で、鰹節への興味もぐ~んと湧きましたo(^▽^)o

鰹節工場の見学は、個人でも団体でも受け入れているそうです。

平日のみ午前9時~午後3時の間です♪(見学無料です!)

詳しくは、ヤマ十増田商店さんのホームーページか、☎054-628-3677までお問い合わせください。

焼津市観光協会ホームページでもアクセス方法などご紹介しています。

検索フォーム
プロフィール
一般社団法人 焼津市観光協会

一般社団法人 焼津市観光協会

Author:一般社団法人 焼津市観光協会
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
天気予報