2月27・28日は 飯淵のお不動さん

「飯淵のお不動さん」と親しまれている長徳寺で大縁日が行われています。
20130228_01

昨日と今日の二日間の縁日ですが、今日は露店もたくさんでていました。
境内では御祈祷が行われており厳かな雰囲気の中、読み上げられるお経が響いていました。

この地は大井川の近くにあるため川が氾濫するたび住民たちは疫病で苦しんだそうです。災難を知った弘法大師は薬草を使って人々を治療し、波切不動明王立像を彫って授けたと伝えられています。
長徳2年(996年)創建。家内安全・無病息災・家内安全営業繁栄・厄除開運・社運隆昌・当病平癒・身体健全・大漁祈願・良縁成就・進学成就などのご利益があるそうです。

境内には右奥には稲荷社がたたずんでいます。
長徳寺は不動明王立像や、総数96枚の格天井の絵でも有名です。
undefined


※無料駐車場もあります。

ダルマ供養祭

毎年2月13日は「送りダルマ」、2月23日「迎えダルマ」、翌日には「ダルマ供養祭」が行われます。
今年は24日が日曜日だったので25日に「ダルマ供養祭」が行われました。



こちらは「目入れ」
23日のダルマ市でダルマを購入し、弘徳院で行います。
願い事を祈願した後、ダルマの左目(向かって右目)をいれていただきます。
ダルマ
願い事が成就したら、もう一つの目を入れおさめます。(2月13日)
こうして1年の無事を願うのですね。




25日のダルマ供養祭
「弘香幼稚園」の子供たちが浜当目の浜までダルマを運んでくれます。
かわいい~
ダルマ子供たち

その後、みんなでダルマを供養します。
ダルマ焼く

梅開花状況続編

桜マップ掲載の「Vグランリバー北側水路沿い」の梅の開花状況をお知らせします。

CIMG2125_convert_20130226143804グランリバー沿い梅
こちらも白梅が見頃です
梅の白色が、青い空によく映えます

山の手さくらまつり

山の手のさくらまつりが行われました。

IMG_4217_convert_20130224115111さくらまつり
地元の人達が持ち寄った、みかんや野菜、お惣菜などが、次々に売られていきます。今日の焼津は、朝からよい天気ですが、風が強いです!
でも、大勢のお客さんで、ごった返していました

IMG_4219_convert_20130224115300桜の枝
桜も一枝200円で売っていました。
早咲きの濃いピンク色が華やかで、春を感じさせてくれます

さて、山の手さくらの開花状況ですが、今日現在、上流の寒桜は、7分咲きくらいです。
その下流に続く、いわゆる濃いピンク色の山の手さくらは、「つぼみ膨らむ」から「咲き始め」くらいです。

今年は、例年より寒さが厳しいのか、桜も咲くのを渋ってます…。
でも、暖かい日がきたら、いっきに咲き始めることでしょう

虚空蔵尊だるま市

今日は、焼津市内、朝から良いお天気です

虚空蔵尊だるま市は、朝から大勢の人で賑やかです。

シャトルバスが、焼津駅南口から出ているのですが、歩いて向かう人も結構みられます。

IMG_4136_convert_20130223132018参道
シャトルバスは、弘徳院参道の前まで行ってくれます。
参道も、すでにお店が並び、朝から大勢の人で賑やかです。

IMG_4140_convert_20130223132305弘徳院前
弘徳院の前も大行列!
今日は土曜日ということもあるのでしょうか?
いつもより、人出が多いような感じがします。

IMG_4153_convert_20130223132458ダルマ市
だるまを購入する人もたくさんみられます。
今年も一年、良い年でありますように

弘徳院の脇にある山道は、虚空蔵山山頂にある香集寺へ向かう道です。

IMG_4159_convert_20130223132623香集寺へ向かう山道
結構きつい山道なのですが、こちらも大勢の人が登っていきます。
お年寄りが多いのにもびっくり!
途中休憩しながら、ゆっくりゆっくり登っていきます。

仁王門まで登ったら、山頂まではもうすぐそこ

IMG_4163_convert_20130223133006香集寺
山頂にある香集寺にも、大勢の人が参拝にきていました。
香集寺では、鐘をつくこともできます。
とてもいい音!疲れも吹っ飛びます

IMG_4162_convert_20130223132831頂上からの景色
頂上まで登った人がみられる、焼津港側の景色です。
今日は天気が良いので、焼津港の先の海岸線がず~っと続いているのがみられます。

焼津駅前からのシャトルバスは、行きは15:00が最終です。
まだ時間がありますので、ぜひだるま市へお出かけください

虚空蔵尊だるま市シャトルバスのお知らせ

今日は、虚空蔵尊だるま市の日です。

焼津駅南口1番線よりシャトルバスも出てますので、みなさんお出かけ下さい

シャトルバス
 往路:8:30~15:00
 復路:9:00~15:30(最終)

金額:160円(片道)

お待たせしました! 山の手さくらが咲き始めました。

山の手桜 アップ

早春の雨上がり、真っ青な空を背景に淡いピンクの花びらが・・・

う~んかわゆ~い!
いとおし~い!

一年ぶりの待ちに待った山の手さくらが咲き始めましたよ。

山の手桜


朝比奈川の土手には山の手さくら、水仙、菜の花。

蝋梅



そして、高草川に沿ってはろうばい、水仙、菜の花、紅白の梅が
咲き競い一足早い春を満喫できまぁ~す。

水仙


朝比奈川から高草山のふもとにかけていろんな場所で
いろんな花がみなさんをお待ちしてまぁ~す。

来週の日曜日24日には“山の手さくらまつり“も開かれます。

焼津虚空蔵尊大祭のダルマ市

2月13日が「送りダルマ」、23日は「迎えダルマ」と言われています。

ということで、「送りダルマ」の今朝、浜当目にある「弘徳院」に行ってきました。
「送りダルマ」とはお世話になったダルマさんに両目を入れておさめることです。
みなさん、朝早くからダルマさんをおさめに来ていましたよ。

送りだるま



ここでちょっと虚空蔵菩薩の由来について
當目山香集寺は麓にある恵日山弘徳院の末寺です。寺伝によると香集寺は弘仁6年(815年)に真言宗の寺として創建され、香信楽寺と称した。
御本尊の虚空蔵菩薩は、聖徳太子の作と言われ、京都嵐山の法輪寺、伊勢朝熊の金剛証寺とともに、一木三体の日本三大虚空蔵の一つに数えられるもので、創建時にここに(今から1800余年前)に安置されました。
現在、虚空蔵菩薩は麓の曹洞宗弘徳院に安置されています。

弘徳院


名物ダルマ市について
弘法大師は虚空蔵菩薩を十三仏に列して丑・寅の守り本尊とされているため、十にちなんでご縁日は13日となっている。弘徳院では、毎年旧正月の13日に虚空蔵尊大祭を行ってきたが昭和17年以来、旧暦廃止で2月13日とし、23日を裏虚空蔵と称し両日を大祭として終日にぎわっている。
最近は23日のほうがにぎやかですね。今日はこんな感じ。


露店

2月8日は「山の神祭」

焼津市関方地区に伝わる珍しい民俗行事である「山の神祭」に行ってきました。
焼津市の無形文化財にも指定されています。

詳しくはこちらをご覧ください。
はじめに



山の神に奉納する竜神さんが新藁で編みます。
地元の小学生も毎年見学に来ています。
みんな、熱心にノートにメモをとっていました。
龍を作る




午前9時頃から作り始めた竜神さんが出来上がりました。
長さ8m~10mくらい、頭は30cm位で眼はだいだい、舌は葉蘭、髭は針金を芯にしてピンと張り、背には鱗をたてます。
頭から尾へと編み上げ、これを青竹を十字に組んだ上にとぐろを巻くようにのせます。
竜神さんと関方地区の方たち
竜神さんと関方の人



午前10時半ころ
竜神さんと弓や矢、紙のぼりなどとともに山の神の奥の院に向かって出発です。

道中


山の神の奥の院は高草山の中腹で、標高200m位のところにある大岩の露出しているところです。
そこに向かうにはこんな急で細い山道を登って行きます。
私はへっぴり腰で、ついていくのに精いっぱい!

山道



ここが山の神の奥の院です。
大岩の露出しているところに、竜神さんのとぐろを解いて、この磐境に這わせ献じ品を供え山の保豊作安全を祈ります。
山の神




そして、「よいしょ」の掛け声とともに谷に向かって大きな弓で矢を放ちます。
矢をはなつ


この祭りには神主が加わりません。従って重々しい祝詞(のりと)も聞かれませんが、その為かえって神と人々と直接触れある素朴さが感じられます。

★Hoshigaoka Wedding☆ブライダルフェア2013.2.24★

新チャペル外観小
ホテルアンビア松風閣
★Hoshigaoka Wedding ☆ ブライダルフェア2013.2.24★

2月24日(日)11:00~15:30(一部会場は19:00まで)
入場無料(婚礼料理試食会のみ有料・要予約)


今回のブライダルフェアは「模擬披露宴&婚礼料理試食会」をはじめ、「ヘアメイク体験会」・「模擬チャペル挙式」など見どころがいっぱい
ぜひ、カップル・ご友人・ご家族でご来場ください。

ブライダルフェア表   ブライダルフェア裏

<イベント内容>
①ヘアメイク体験(予約優先、先着10名様限定)
 イメージ通りに変身!驚きと感動を…

②模擬チャペル挙式「チャペル ザ 星が丘」
 紺碧の海にかこまれた厳粛な空間の中、本番さながらのパイプ
オルガンの音色と聖歌隊の歌声を体感してください!
 アフターセレモニーでは、海と同じく碧い空に向かって飛び立つ
バルーンセレモニーを皆さんで行いましょう!

③模擬披露宴&婚礼料理試食会
 開放感溢れるパーティールームで婚礼料理をゲスト目線で体験!
 A:16,170円コース「海星」   B:13,282円コース「彩」
 人気の厳選2コースをご用意、事前予約にて承ります。
 <先着15組様限定  フェア特別料金:お一人様2,000円>

④パーティー会場コーディネート見学会
 本番さながらにコーディネートされた「海が見えるパーティー会場」を
 ご覧いただき、おふたりのイメージを膨らませてください!

⑤ウェディングプランナーとじっくり相談会
 結婚式はわからないことばかり!
 おふたりの「?」を、ご一緒に「!」に変えていきましょう♪

⑥ウェディングケーキ&デザートブッフェ試食会
 ウェディングケーキの試食はもちろん、今回は新スタイルの
「デザートブッフェ」を特別に体験いただけます♪


☆フェア参加ご希望、資料請求の方は…☆
ウェディングプランナーの森・田島までご連絡下さい!
 TEL:054-628-3316 / e-mail.bridal@syofukaku.com

2月3日は節分!

昨日(2月3日)は節分ですね。
焼津神社でも神事や豆まきが行われました。
私も行ってきましたよ。
今日は神事についてちょっとためになるお話しです。


まずは「鳴弦(めいげん)の儀」
焼津神社では、昭和43年の節分祭に「鳴弦」を復活し、また翌年からは「蟇目(ひきめ)」を併せ行い、依頼毎年焼津弓道会の皆様に依り奉仕されています。


鳴弦は、矢をつがえず、弓の弦(つる)を鳴らすことにより、その音で妖魔を驚かし退散させるというもので、立春を前に妖魔を払い、災厄を除くために行われます。

「鳴弦の儀」は御殿の中で行われるので、私は見ることができませんでした
御殿の中には年男や福男、福女がいましたよ。




次に「蟇目(ひきめ)」
蟇目とは響き目(ひびきめ)の略で、射たときに高い音を鳴らす穴のあいた鏑のことを言います。また、一説にはその字の如く、穴の形が蟇(ひきがえる)の目に似ているからとも言われます。
犬追物(いぬおうもの)、笠懸(かさかけ)などの武芸に於いて、射た物に傷を付けないため、鏃(やじり)の代わりに矢の先に付けた物ですが、神事に於いては穴から風が入り音を発するため、先に行われた鳴弦同様妖魔を退散させるとされ、春の始まり、つまり1年の始まりである立春を前に、妖魔を払い、災厄を除き、清々しい心で春を迎えるために行われます。
ひきめ





次は「鬼射(おびしゃ)」
病気という鬼をやっつけて元気になる、弱気という鬼をやっつけて自信を持つ、ためいきという鬼をやっつけて前向きになる、そんな思いをこめて弓道会の皆様が矢を放ってくださいました。

鬼の的は市内在住のイラストレーターの方が描いたとのこと。
なかなか迫力があります

おびしゃ




最後は楽しい「豆まき」
みんな両手をかざして豆を取ってました。
豆まき

焼津から見る富士山の写真展示のお知らせ

2月23日は『富士山の日』

焼津市観光協会では「焼津から見る富士山の写真展」を開催中!

焼津から見る富士山絶景ポイントも教えちゃいますよ


是非、遊びに来て下さいね。待ってます


富士山の日写真展

開催期間:平成25年2月1日(金)~平成25年2月28日(木)
検索フォーム
プロフィール
焼津市観光協会

焼津市観光協会

Author:焼津市観光協会
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
天気予報